ロッキーバルボアの思い出

思い出シリーズ第1弾(唐突)


時は5号機時代初期、近所の店が10スロ専門店となった。
当時はまだ低貸しが現在ほど一般的ではなく、物珍しさに惹かれ入店。

ゴミ置き場のようなラインナップに閑古鳥が鳴く店内、
そこはまさに博打に疲れた養分のオアシスだった。

バトルシーザー、長州力、みちスロ・・・
他では打てない機種のオンパレードに心が躍る。

無論こんなところでまともに勝負をする気などなく、
低貸だからと金を捨てるつもりで初見の機種を適当にタコ歩く。

どれもしょっぱい出来で思わず笑いがこみ上げてくるのだが、
そんな中でもひときわ印象深い台があった。




2017021501.jpg
ロッキーバルボアである。



一応スペックを簡単に説明すると、
約360枚のBIGと約50枚のRBに申し訳程度のRTを搭載した実質ノーマル機。
現行機だとおそ松さんが近いかな。
まあスペックなんてどうでもいい。

この台の何が凄いってステチェンが凄い。

一般的にステチェン演出というと、「モンキーターン!」とか言いながら
一瞬アイキャッチが出て切り替わるものだが、ロッキーは一味も二味も違う。
それはあまりにも鮮烈。

舞台は自宅とボクシングジムの二場面で構成されているのだが、
なんとステチェンする度にロッキーがランニングする姿が実写で流れる。
初見ならばプレミア演出だと勘違いする事必至。
しかしレバーを叩くと次Gにはロッキーが自宅でくつろいでいる。

これだけでも大概だが、恐ろしいことにこの演出が最大で3Gか4G続く

最初はロッキーが一人でランニングをする映像が流れるのだが、
どういうワケか演出が続く度にロッキーの後をついてくる人が続々と現れ、
最終的には某アダルトビデオの企画とも似た大所帯になる。



イメージ画像
2017021502.jpg





「流石にこれは当たってるだろう。」

そう思ってレバーを叩くも次Gでは何事も無かったかのように
ロッキーはジムでトレーニングに勤しんでいる。
もはや笑うしかない。笑わざるを得ない。


このようにステチェン演出があまりにも強烈過ぎる故、
こればかり語られてしまうのだが、実はゲーム性もかなりクソ。

ボーナス重複のバランスが非常に悪く、
重複役はゴングベル(強ベル)のみで重複割合は4~6割程度。
あとは約1/2000で成立するボーナスが存在するだけ。

つまりどんな演出が出てもゴングベルを引いていなければ実質ノーチャンスで、
その信頼度の高さ故なかなか引けないもんだから、ただただ退屈。

それでいて演出バランスも非常に悪いから目も当てられない。
発展先は主に以下の5つなのだが、

・サバンナ特訓
・ヒマラヤ特訓
・コロラド特訓
・タイトルマッチ VSクラバー
・タイトルマッチ VSドラゴ

VSドラゴ演出以外は当たりパターンの存在を疑いたくなるほど当たらない。
ようやく揃ったゴングから特訓演出に発展しようものなら殺意が湧いてくる。

ボーナス契機といい、演出バランスといい、
作りが大雑把すぎて打ち手を楽しませようという気が全く感じられない。

だけどこんなクソ台でもひとつだけ褒められる部分があって、
ボーナスの告知だけは本当に素晴らしい。

確定画面に移行すると最終ラウンドのBGMとともに
パチンコの再抽選のような演出でボーナスの種類を告知。

この瞬間だけはタイヨーのガッチャマンを思わせる緊張感があって楽しい。
そしてBIGが成立してようものなら大興奮。

7を揃えてBBスタート、
最終ラウンドのBGMからお馴染みのメインテーマへと移行する
一連の流れには胸にこみ上げてくるものがある。

こればっかりはスロ史上でも屈指の名演出だと思います。
出来れば動画を紹介したかったんだけど全く見つからないんだよなあ。
実機配信してるヤツはおらんのか!?

もしこの台を見かけた方には、ぜひ一度BBを引くまで打っていただきたい。
しつこいようだが、この瞬間だけは本当に素晴らしいので。
その際はくれぐれも確定画面が出るまでにまで揃えてしまわないように。



ブログ魔界村入口


にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : パチンコ・パチスロ日記
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさか、この台が話題に登るとは・・・

5号機初期、相当打ち込んだ機種でしたねー。

連荘すると、部屋が豪華になって行くんですよね。

フリーズはやっぱりエイドリアン登場なんすかね?

No title

ロッキーのステチェンは最後まで行けば感動の大当たりだからセーフ

全然関係ないけど、ロッキーが生卵ジョッキで飲んでるのを見て、ホエイプロテインがなかった時代は大変だったんだなと思いました(小並感)

No title

ロッキーは不遇のks台ですね。

同時期に、アクアビーナスやモエるまりんバトルが出たので私はもっぱらそちらを打っていました。

No title

タイヨーのガッチャマンは私が6を打ったG数ナンバーワン機種なのです^^
あの同色昇格ほど美しい演出を私は知らない

バルボアは私が打ち始めた頃にはもう…
ランボーはありましたけどw

返信

> 八咫烏さん
まさか打ちこんだ人が居るとは・・・
連荘すると部屋が豪華になり、負けると一転ボロ家へ逆戻り。ああ無情



> マンキーターンさん
この台フリーズあったんすねw



> 88さん
なにそれ見たい。

生卵一気飲みは名シーンですね。
映画の内容を全く覚えていない私もあの場面だけは記憶に残ってます。



> モアたんさん
むしろ評判通りの・・・

モエバトはあまり打たなかったのですが、ネコドラちゃんの歌は好きでした。



> パンダメンタルさん
バケ表示からの同色昇格はマジでヤバい。
イベントでは人気の筆頭でしたねー。

ランボー<うおおおおー!
プロフィール

びん息子

Author:びん息子
コメントはお気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR